住宅ローン借り換え相談で審査基準に答えてもらえる?

住宅ローン借り換えを相談する時に気になるのが審査基準です。
低金利傾向の影響を受けて住宅ローン借り換えを相談する人が増えています。
このときに重視されるのは、○遅滞や延滞なく毎月の返済を続けているか、○安定した収入を得ていて返済の見通しがある、○日本国籍である(住民票をとることが出来る)、○年齢が20歳以上で、完済時に80歳未満、といった基準が設けられていることがほとんどです。
気をつけたいのは、借り入れ当初は共働きでローンを夫婦の名義で組んでいたけれども、出産などで妻の収入が無くなったという場合です。
借り入れの限度額は、返済額が収入の30%〜35%を超えない範囲で見ることがほとんどなので、同じ借り方での借り換えが難しくなってしまいます.
住宅ローン審査基準甘いところは?審査通りやすい!【勤続年数と年収】