住宅ローン借り換えを新生銀行でするメリットとは?

住宅ローンの借り換えで、最初に注目することは金利ですね。
借り換えの主旨はローン総額の引き下げですから、金利を大きな要因になります。
しかし、金利以外にも諸費用が色々とかかることは、あまり知られていないようです。
具体的に新規の銀行に関してかかる費用は、ローン手数料が約3万円、保証料が元本の2%(元本3,000万円の場合)60万円、更に団体信用生命保険料が数十万円かかります。
この諸費用の中で最も大きな割合を占めているのが保証料と団体信用生命保険料ですが、新生銀行の場合はこの二つが、なんと0円です!新生銀行のホームページのデーターによりますと、3,000万円を30年で返済する場合の諸費用は「フラット35」では約245万円ですが、新生銀行では108,000円と格段に安くなっています。
http://www.ginkou-sinsa.com/