住宅ローンの審査に落ちた理由は?

住宅を購入しようと思い、住宅ローンの申請をしたのはいいが、審査に落ちる場合も有ります。
金融機関によって基準が有りますから落ちるには仕方ないですが、せめて落ちた理由は聞きましょう。
明確には言わないでしょうが、それとなく理由は言ってくれます。
だいたいの場合、年収か勤続年数が基準に達していない場合、ローンの審査に落ちます。
向こうも長期ローンでお金を貸すわけですから、確実返す確率の高い人にしか貸さないわけです。
年収が低いと生活が苦しくなり支払い遅延を起こしたり、勤続年数が短いと継続的に払ってくれるか不安が有ります。
それ故に落ちる事も有るのです。
年収が低い場合は、頭金を多くすることでローンの負担を減らす計画を組めばローンに通る可能性は有りますが、勤続年数の問題はどうしようもないので、申し少しその会社で勤務してから又ローンを申し込むしか有りません。
他の理由で落ちている事も有るので、改善できる場合も理由によっては有るので、ぜひ審査に落ちた理由を聞きましょう。